皆の力でフィットネスを文化に

アメリカに住んでいたからわかる、本場のフィットネス最新情報をお届け

【速報!アーノルドクラシック2020が急遽中止か!?】

皆さんこんにちは!イーケンです!

 

本日入ってきたブレーキングニュース!

新型肺炎コロナウイルスの影響で、アーノルドクラシックの開催が中止になるという情報が入りました。

f:id:lifebuilding:20200304203256j:image

最新の情報をチェックしているのですが、いま現段階でわかることをお伝え致します。

 

 

www.lifebuilding.biz

 

 

全体的なスポーツフェスティバル・アーノルドスポーツフェスティバルについて。

アーノルドスポーツフェスティバルは、世界最大級のスポーツ・フィットネスの祭典です。

大きなエキスポや様々なフィットネス・スポーツ競技が行われるわけですが、その中で既に延期と発表されたものがあります。

それは、エキスポです。

www.instagram.com

 

エキスポは25万人もの来場者が予想されており、流石にその量ではウイルスの感染リスクが高まります。アーノルドシュワルツェネッガー自身も皆さんの健康第一と言っています。

これはオハイオ州が決めたことであり、アーノルドスポーツフェスティバルの関係者がどうこうできる問題ではないとのことです。

しかし、今の所開催が予定されているものは、ボディビルなどのIFBBプロリーグの競技やストロングマンコンテストです。

 

万一の場合は、開催を中止するとのことなので、まだ確実に大会が開催されるとは言えませんが、これらの競技は今の所開催予定とのことです。

しかし、ファイナル審査以外は無観客のコンテストとなるようです。

 

続いて、アーノルドクラシックのアマチュアの競技についてです。

こちらも今の所プロ戦と同様に開催は予定されていますが、中止になる可能性もあります。

 

しかし、、、中国、イラン、韓国、日本、イタリアの5カ国の選手においては大会へ出場できないと情報がございます。(3月4日現在)

こちらはアーノルド・IFBB/NPCなどの公式のアナウンスではないので定かではありませんが、出場される選手には大きなストレス・不安があるでしょう。

 

(3月5日現在)

日本人選手は全員出場権を放棄されたようです。選手のことを思うととても心が痛いです。

日本人は入国の際に全員別室で検査を受けるらしく、それをパスしているにも関わらず出場却下。

我々の国日本においてこのような理不尽な出来事・対応はなかなか出会う事は無いですが、アメリカという国では平気で起こり得るので恐ろしく、腹立たしいですね。

また、その他の国イタリアとイランに関しては入国すらできず、中国選手も大会へ出場できないとのことです。

 

1ヶ月以上前から現地で調整を進めてきた、中国人のIFBB女子フィジークプロのOlivia Bianも出場を拒否されました。

これに関して本人も、「自分は1ヶ月以上も前からアメリカに来ていて、ウイルスなんて持っていなく健康。それを分かって欲しい。」と。

www.instagram.com

しかし無念にもこちらもオハイオ州が定めたルール(どういう内容のものかは不明)でどうにもできないのです。

人種差別にも近い今回の対応はいかがなものでしょうか。

 (韓国人選手については不明です。随時更新いたします)

 

僕は、このような事態になるのならば、そもそも世界中の全員を渡航禁止にさせてどの国にも出入りできないようにするべきではないかと思います。

今回も国内の感染者を増やさないための対応でしょうが、世界各国から人が入国しているわけですから、感染リスクは大いにあります。

 

 

どの競技に関しても、今回の大会に向けた準備期間があり、皆さん辛い思いをしながら準備をしてきたことでしょう。

そんな中、数日前での延期・中止の発表は選手のことや来場予定の観客のことを考えれば、少々遅い判断かと思います。

 

エキスポが延期となったので、そのときに今回中止となった競技も行われるのでしょう。

しかし、ボディビル競技に関してはどの競技よりも調整が過酷なものだと思うので、無観客でも開催に踏み込んだのでしょう。わかりませんが。

 

マチュアコンテストに関しては、本当に曖昧な部分もあります。

上記に書いた5カ国の詳細な情報について、早めの情報開示をしていただきたいですね。

 

 

〜追記〜

恐らくオハイオ州の発表では、ストロングマンコンテストも中止(延期)となったみたいです。