皆の力でフィットネスを文化に

アメリカに住んでいたからわかる、本場のフィットネス最新情報をお届け

【次のIFBBプロは誰だ!ジャパンクラシック優勝者予想】


皆さんこんにちは!イーケンです!

 

本日は、5月18日に行われるNPCJ Japan Classicのフィジークカテゴリーの勝者予想をしていきたいと思います!

大会の正式名は"HIDETADA YAMAGISHI, IRIS KYLE JAPAN CLASSIC"です。

f:id:lifebuilding:20190514191340j:image

 

皆さんご存知の通り、こちらの大会はIFBB プロカードがかかった大会になります。

ビキニ・メンズフィジーク・クラシックフィジーク・ボディビルの各オーバーオール勝者一名がプロカードを獲得します。

この日に合計4人の選手がIFBBプロになるわけです。

 

皆さんも誰がプロカードを獲得するのか?と気になっていることでしょう。それほど今回の大会は注目されているのです。

 

最初に言っておきますが、予想には日本人以外の選手(韓国人や中国人など)はどの選手が出場するのかわからないので省かせていただきます。が、日本人選手がプロカードを争う相手は間違いなく彼らになります。その点を踏まえて日本人選手のみの勝者予想をしていきます。

 

クラスA(~167.9cm)

廣川翔一選手

クラスAは間違いなく廣川選手でしょう。身長的にも海外選手の強敵はあまりおらず国内でも比較的狙いやすい階級です。

仕上がり含め前回よりもレベルアップしている印象です。オーバーオールで他選手と並んだ時にどれだけボリュームで劣らないかがカギになります。

 

クラスB(168cm~172.9cm)

 湯浅幸大選手

クラスBも安定の湯浅選手でしょう。しかしこのクラスから他国の強敵選手も多くなってきますので、油断は禁物です。

前回のアマチュアオリンピア韓国では入賞すらできない結果となってしまいましたが、今回は日本大会ということもあり国内選手の中では有力候補でしょう。

湯浅選手も身体のボリュームが増したように見えます。

 

クラスC(173cm~177.9cm)

 このクラスは正直どの選手が出るのかわかりません。クラス的には選手層も厚く、接戦が予想されます。僕が知っている限りでは、有名選手は出場しないと思うのでチャンスと言えばチャンスかもしれません。

プロになったアントニオ小池選手やトップ選手の大橋源紀選手などが出場しないので、このクラスは今がチャンスと思っている方も多いでしょう。その中で一人挙げるとしたら、去年のJapanプロクオリファイでアントニオ小池選手や大橋源紀選手を抑え、見事優勝したフランス出身のSteve Jean選手が有力かと思われます。ウエストの細さと広い広背筋が武器です。

 

クラスD(178cm~)

 小池友仁選手(Jin)

このクラスになると圧倒的に選手のカラダのボリュームが必要とされます。上位選手は皆身体が大きくかつプロポーションを保てている選手ばかりです。韓国人などの大きい選手が来たとしても戦える身体を持っているのは彼です。

それらを兼ね備えた日本人選手は断トツで小池選手です。しかし彼の絞り・ポージングの影響がどう響くかは分かりません。絞りは他選手との比較では甘く、たとえクラス別優勝したとしても、オーバーオールで他選手との絞りの甘さが滲み出てきてしまうと思います。

彼のInstagramを見ている限り、本人としては満足した絞りだと伺えますが、写真を見る限りではまだ3㎏ほどは絞ったほうがベストです。ステージでどう映えるのかは写真で見ても何とも言えないので、この辺で。

 

 

オーバーオール

 湯浅幸大選手

小池選手が完ぺきな仕上がりだった場合は小池選手でしょう)

まずオーバーオールで誰がその日最もパーフェクトかということも大事ですがそれに加えて、今後誰がプロとして戦っていけるかを考えて出した予想です。

正直言ってオーバーオールの予想はとても難しいものです。

際どい戦いになることは予想されますが、湯浅選手または絞り切った小池選手となるでしょう。

僕的には小池選手のパーフェクトを見てみたいという想いと、他選手に勝る圧倒的ボリューム・迫力を観たいという想いがとてもあります。

今現在は湯浅選手という予想ですがどうなるでしょうか。

また、いくらSNS上でカッコいい身体であったとしても、結局はステージで一番の身体が勝つわけです。

大会の写真や動画を見る限りでは、「1位はあいつだろ!」と結果に不満を言う方も多くいますが、フィルターを通して見るのと、目の前で観るのとでは大きな差が生まれることを知って欲しいです。

僕も予想はしましたが、今まで大会を生で観てきた経験+SNSの現在のコンディションで予想しました。

 

(多くの人に大会へ足を運んで欲しい…)

 

この様な感じで日本の選手では以上の選手が優勝するだろうという僕の予想でした。

皆さんの予想はいかがでしょうか?

ちなみに今回の大会にはミスターオリンピアのブランドン・ヘンドリクソン(Brandon Hendrickson)も来日しゲストポーズをしますので見に行く価値大です。

まだチケットも売られている全席完売です)ので、少しでも興味がる方はまたとない機会に観戦しに行くことをお勧めします。

Hidetada Yamagishi, Iris Kyle Japan Classic - NPCJ

 

これまで優勝者予想はしてきたものの、皆さんに知っておいて欲しい一番大事なことは、出場する選手は皆それぞれの想いがあって大会へ出場するということです。その日の為に努力して作り上げた身体を魅せる時なので、楽しみながらステージングをしてほしいと思います。そのためには観客の力も大切です。誰が勝つのかという結果もとても気になりますが、彼らの日々の努力を忘れてはいけないです。

観る側もその気持ちを理解して観戦するとより楽しく、感動するものになると思います。

こういったフィットネスの大会を一般の方にも知ってもらえるよう、皆さんで盛り上げていきましょう!

 

 

本日もお読み頂きありがとうございます!

また次回お会いしましょう!

 

それでは!

 

 

ーーーーーーーーーーー
iHerb常時セール中です!
他クーポンコードと併用可能なコード【DCB127】でさらにお安くなります。
↓よりクリック後適用可能です。