皆の力でフィットネスを文化に

アメリカに住んでいたからわかる、本場のフィットネス情報

【誤解!日本とアメリカのステロイド知識】


 

 

皆さんこんにちは!イワケンです!

 

本日はまたもやアナボリックステロイドについてお話していきます。

アメリカと日本のステロイドの比較です。アメリカのステロイドユーザー専用掲示板や記事、動画などを基にして書いていきます。

 

 

最近は日本でも動画サイトやネット上でステロイドを見ることがあります。

賛否両論ある中、僕のステロイドに対しての考えは以前書いたのでお時間あれば見てください。

 

lifebuilding.hatenablog.com

 

僕自身使用する気は全くないですが、色々と調べたりしてステロイドについてある程度の知識を得ることはできました。

というのも、英語でのアナボリックステロイドについての記事や動画などは日本の何百何千倍も存在します。

ステロイドユーザー専用掲示板なども沢山あるのですが、謎の専門ワードがあったりするので理解に苦しみますが。(笑)

 

まずステロイドの使用に関してのおおまかな説明はしっかりとされている本があります。初心者や使用を考えている方などは、日本語でのネット検索よりも確実に為になるマニュアル本ですので買われることを超絶お勧めします。

 

こういった本や英語でのネット検索で得たものというのは、日本語では全く見ることができない情報ばかりです。

 

そのようなところから得た情報を書いていきます。

日本では経口(oral)のステロイドが主流で、法律に触れることなくネット上で簡単に手に入れることができます。

皆さんが経口ステロイドを選ぶ理由としては、もう一方の注射(injection)よりも簡単に摂取できることではないでしょうか。注射だと針への恐怖心もありますしね。

 

f:id:lifebuilding:20181216164503j:image

 

しかし、海外の掲示板や記事を読んでいるとプロボディビルダーを含め多くのトレーニーは「注射を打て!」とのことなのです。

皆さん筋肉増強目的でアナボリックステロイドを使っているわけです。

多くの方が勘違いしているのは、経口ステロイドだけでも筋肉増強はできるということです。まあ間違ってはいないのですが、経口ステロイド単体で摂取する人は一握りであり、注射ありきの経口という認識です。

というのも、経口だけの摂取ではせっかくの効果を最大限生かせないのです。なのでほとんどの方は、いくつかの薬を服用しています。

 

こういった、いくつかのステロイドを組み合わせる事を「スタック」といいます。

 

そして、なぜ経口だけではなく注射も必要なのか。

それはカラダがアナボリックステロイドに頼った結果、体内で作るテストステロンが急激に低下します。睾丸が小さくなる副作用もそうです。

 

その時に外部からテストステロンを入れなければ、筋肉増強はあまり見込めないのことです。

むしろサイクル終了後には、急激に筋肉が落ちることも示唆されています。

こういった使用は一般的であり、アメリカ含め多くのユーザーの間では共通の認識であり当然のものです。

なので必ずユーザーはテストステロンを打ちます。(テストステロンは注射のみ)

 

このようにいろいろなステロイドのスタックを組むので自然と費やすお金も大きくなってきます。僕も無知の頃は、日本語のネットだけを見て、「意外とステロイドって安く手に入るんだな」と思っていました。

最初の頃は少ない使用で安く済むと思いますが。 

アメリカでは高校生でも使用している人が普通にいるみたいなので、比較的低価な経口ステロイドの方が彼らにとっては手に取りやすいですよね。

 

ユーザー上級者からしてみればテストステロンを打つことができないのなら、ステロイドを使っても多くの人にとってほとんど意味がない。肝臓にダメージを与えるだけとのことです。(中にはステロイドに対するカラダの反応が良く筋肉が増量する人もいます)

経口タイプは肝臓に凄い負担がかかることは有名であり、そういった理由で注射を好む方も多くいます。

(しかし多くの方はスタックを組んでいるので、経口も摂取しています。ケアは必須ですが)

 

彼らの使用量は日本人が軽い気持ちで使っている量の倍以上は普通にあります。

日本のネット上にある服用量目安なんかが少なく感じるほどです。

アメリカの掲示板では「~をどれだけ使ってるか。」という質問に対してのある回答に、そこにいる皆が「めっちゃ多いじゃねーか!気をつけろよ!」と返事をしているのを見ました。

僕はそういったやりとりを見て、やっぱりアメリカにはステロイドの使用者(依存者)はめちゃくちゃ多いんだと感じました。そして皆知識がすごい。普通に一般人なのに。。。 (笑)

話が少しそれました、すいません。

 

日本の方が法律は緩いのに、ステロイド大国はアメリカという矛盾が生じています。

 

多くの日本人が気になる日本においてのフィットネス団体、NPCJやその他団体の中にもユーザーはいると思いますが、トップ選手になれていないのは事実です。

その方々は、上記に出したようなテストステロンや量の問題でまだまだ最大の効果を出せていないのでしょう。

やるなら中途半端ではやらずに、やらないのならやらないでいいと思います。ただ身体に負担をかけているだけって可能性もありますからね。

 

競技者でユーザーの方は勝つために使っているんですから。使って勝てなきゃ意味がないです。

 

他にも沢山話したいことがあるのですが、上に紹介したマニュアルを読むなり、英語が読める方は英語の記事は読み漁るなり、多くの知識を得たものが有利になります

使用していない僕が言うのも説得力に欠けますが。(笑)

 

本当に伝えたいのは、日本語調べても日本のサイトには良い記事はないです。使用経験者の体験談みたいなのもありますが、全くあてになりません。

僕も使用に関しては口をはさめませんが、適当なレビューや記事を見てそれを真似することは危険です。

 

あまり出会えないと思いますが、しっかりとした知識のある方(できればステロイド経験者の競技者がいい)に伺うことをお勧めします。

 

最後にまとめですが僕が言いたかったのは、

・知識のあるユーザーはテストステロン注射を打っている。

・経口もスタックとして使っているが、注射を打つことで抜群に効く。

・日本の記事などは当てにしないこと。

 

中には一般人ですらインスリンを打っている人もいるので、ボディメイクに対しての命の削り方が凄まじいです。人生掛けてますね(笑)

 

こんな感じでアメリカのアナボリックステロイドの実情でした。

今度はプロビルダーやフィジーカーのステロイドサイクルについて紹介していきます。

 

 

本日もお読み頂きありがとうございます!

また次回お会いしましょう!

 

それでは!

 

 

ーーーーーーーーーーー

iHerb年末セール中です!

80ドル以上の購入+クーポンコード【CHEER10】で10%オフになります。
他クーポンコードと併用可能なコード【DCB127】でさらに5%お安くなります。
↓より適用可です。 

パーソナル栄養検査キット【VitaNote】